華やかな川のほとりでの兄妹日記

日々の日記を双子の兄妹が楽しく日記をつけてます。皆様からのバトン、コメント、リンクを大募集しています。皆さんよろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-18 [ Tue ]
 華川水音のコメント
 
 先日、センター試験を受けてきました。この日のためにたくさん準備をしてきました。蒼流の塾の先生が言っていたんですが、センター試験はある人にとっては希望を打ち砕く悪魔、ある人にとっては奇跡を起こす道具といっていたそうです。まさに本当だなぁって思いました。

 私が2日間受けてみての感想は、2日目の数学IAが始まるまでの休み時間が緊張MAXでした。しかもそこから数学2B、化学、物理の4連戦だから、その日のコンディションひとつで点数が大きく変動してしまいますから。(大門1問ごっそり点数を落として目標点数を大きく下回ることもあるので。特に最後の物理は前の教科はどうだったかが木にかかりながらの受験で気にする人は相当精神的に不安だったでしょうね。)

 今日、センター試験の自己採点をしに学校にいきました。でも私は待ちきれなくて待ちきれなくて日曜日に試験が終わった後に家でマル付けを済ませていました。なので今日は学校の書類に必要事項を書くだけの状態でした。でね、その教室にすごく重苦しい雰囲気が漂っているわけ。自己採点をしながら泣き出す子、怒り狂う子、「もう終わりだ」とこの世の終わりみたいな顔をしている子とかさまざま。でも、所々見てみるとガッツポーズしたり笑顔になっている子もいるわけ。天国と地獄が入り混じった環境でした。

 マル付けしている間は心臓に悪いね。特に国語や英語。一問落としてもとっても大きく点数が変動するし。苦手な英語は12月の最後の模試の時点で140点台だったので急ピッチで完成させなければなりませんでしたし、国語は読みが外れると5割に届かなくなることもあったからね。ただ、私は理系科目に強いので、数学や理科の採点はつらくなかったです。

 結果は平均点が出てみないと分かりませんが、点数自体は今までのどのマーク模試よりも点数が高くセンター試験で自己ベストを達成できました。正直、ここまでいいのは想定の範囲外で、素直にうれしいです。しかし、私の第一志望の国公立大学は記述試験の配点が異様に高く、大きく遅れを取った生徒に追い抜かれる事態もあります。そうならないためにも気を引き締めて二次試験対策をしようと思います。最後まで走り抜けます。応援よろしくお願いします。それでは蒼流に回します。
                                    華川水音


 華川蒼流のコメント
 何とか無事にセンター試験を乗り切りました。自分の実力を出し切れたと思っています。センター試験は登竜門(gateway to success)なので、ここで失敗したら話にならないのです。特に自分の志望校は難関大ではないのでセンター試験の点数が大きく合否にかかわってきます。しかし自分は特別気負うことなく緊張もほどほどに、いつもの自分で受験できたことに一安心しました。詳しい話はすべて終わったら話します。
 最初にセンター試験そのものについて話します。初日の文系科目は比較的余裕を持って受けることができました。ただ、あせったのは国語で、最低でも120点台がほしいと思ってました。90点や80点だといける国公立がなくなるので。二日目の理系科目はそわそわして落ち着けませんでした。そのせいか、数学①の試験の最初から計算ミスを起こしました。でもこの計算ミスで吹っ切れることができました。「ああ、計算ミスはあるんだな、仕方ないんだな。」という感じで。幸いその後修正が利きましたが、相当あせりました。また、化学、物理でも計算ミスがありましたが落ち着いて対処できました。全体としては手ごたえはある、そんな感じのテストでした。
 次に点数的な話をしたいと思います。当初の目標はセンター試験の点数だけでA判定が望める650点を目指していました。最後の模試では512点(駿台センタープレテスト)到底足りない点数でした。しかしここからなんとしてでも判定をあげると決意し、必死にセンター形式の問題を解きました。結果、12月の模試から70点以上あげることができました。最後まであきらめずに努力した人は点数を大幅に上げることができるんだと実感しました。
 しかしながら、このセンターの点数ではおそらくC判定(合格率50%前後)で、40点~50点近くのハンデを持って二次試験を迎えなければならないでしょう。私に逆風が吹いていることは間違いありません。ですが、記述型試験が得意な私は十分逆転可能な位置にいます。合格の可能性がある限り120%の努力をして笑顔で春を迎えたいと思います。応援よろしくお願いします。

                                     華川蒼流
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beautifulrevers.blog91.fc2.com/tb.php/93-0aff5fa9

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

華川兄妹

Author:華川兄妹
絵左
兄・華川蒼流(かがわ・そうる)

社会人1年生・工学部建設学科土木課程卒業・23歳
(予備校在籍経験あり)

〔趣味〕
スキー、魚釣り、音楽鑑賞

[仕事]
東京での4年間の学生生活を経て地元に帰還。
現在はサラリーマン。

[コメント]
社会人二なりました。今年度もよろしくお願いします。ブログ友達歓迎です。

絵右
妹・華川みずき(かがわ・みずき)
理学部卒業、大学院理学専攻修士課程在学中
〔趣味〕
音楽鑑賞、バンド(ピアノ、ギター担当です)、吹奏楽
〔改名歴〕
華川泉水(いずみ)
(2007.04.01~2008.12.31)
華川水音(みおん)
(2009.01.01~2011.03.09)
華川水貴(みずき)
(2011.03.10~2013.02.12)
華川みずき(みずき)
(2013.02.13~)

〔コメント〕
こんにちは。就活や大学院の卒業準備など社会の荒波にもまれています。こんな私は自分の進路を決めることができるのでしょうか。更新したら気軽にコメントを残していったり、バトンを回してくれたら嬉しいです。皆さん、よろしくお願いします☆彡

プロフィール絵提供
空良檸檬さん Special Thanks!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。