華やかな川のほとりでの兄妹日記

日々の日記を双子の兄妹が楽しく日記をつけてます。皆様からのバトン、コメント、リンクを大募集しています。皆さんよろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-05 [ Sat ]
 タイトル名が英語ではありませんが蒼流がかいています。

 昨日の昼ごろ1本の電話がありました。それは懐かしい小学校4年2組の連絡網でした。
 何の用だろうと思いましたが、その電話は4年2組の担任の先生が亡くなられたという訃報でした。女の先生なのですが私の知る限り、4年前にご退職され、今は隠居生活だったとのこと。年賀状のやり取りを今でも続けていました。年賀状には学校を異動されたこと、4年前の年賀状にはご退職されたこと、今年の年賀状には旅行に行った思い出などの近況がつづられていました。なので、入院されていたことも知りませんでした。まだ65歳なのに早すぎる死でした。
 昨日、通夜に出席しました。喪主の方のお話によると、今年の1月に肝臓の癌が見つかった。しかしそれは場所も最悪で大きさもかなりあり、いわゆる末期とまではいかないもののそれに近い状態だったそうです。そのとき医者に余命はあと3ヶ月くらいといわれたそうです。日に日に体力もなくなり、昨日の明け方、亡くなったそうです。きっと今年の年賀状はやっとのことで書いたんだなあと思いました。

 小学校時代、その先生に一番お世話になりました。私に教師を目指すきっかけを与えてくれました。友達とけんかしたとき慰めてくれたり、サッカー部の試合を見に来てくれたり、上げていけばきりがないほど思い出があります。
 一番感心したのは自分に誇りを持って仕事を全うする姿です。自我が強く、自分がどんなに嫌われても自分が正しいと思ったことをやり遂げる姿は子供ながらにすごいなあと思っていました。先生にもたれたのは1年間だけだったけれど、とても強い印象を与えてくれました。その姿勢にあこがれて、私はいつしか教師になりたいと思っていました。
 今、私はあなたのような先生になりたいと思って夢を追っています。いつかどんな形であれ、恩返しをしたかった。これを心の支えの1つにして走ってきましたが、それは叶うことのない夢になってしまいました。これからは空から私のことを見守って、私が壁にぶつかったとき、アドバイスをしてほしいです。

今までお疲れ様でした。ご冥福をお祈りします。

                                華川蒼流
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beautifulrevers.blog91.fc2.com/tb.php/79-fde17a43

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

華川兄妹

Author:華川兄妹
絵左
兄・華川蒼流(かがわ・そうる)

社会人1年生・工学部建設学科土木課程卒業・23歳
(予備校在籍経験あり)

〔趣味〕
スキー、魚釣り、音楽鑑賞

[仕事]
東京での4年間の学生生活を経て地元に帰還。
現在はサラリーマン。

[コメント]
社会人二なりました。今年度もよろしくお願いします。ブログ友達歓迎です。

絵右
妹・華川みずき(かがわ・みずき)
理学部卒業、大学院理学専攻修士課程在学中
〔趣味〕
音楽鑑賞、バンド(ピアノ、ギター担当です)、吹奏楽
〔改名歴〕
華川泉水(いずみ)
(2007.04.01~2008.12.31)
華川水音(みおん)
(2009.01.01~2011.03.09)
華川水貴(みずき)
(2011.03.10~2013.02.12)
華川みずき(みずき)
(2013.02.13~)

〔コメント〕
こんにちは。就活や大学院の卒業準備など社会の荒波にもまれています。こんな私は自分の進路を決めることができるのでしょうか。更新したら気軽にコメントを残していったり、バトンを回してくれたら嬉しいです。皆さん、よろしくお願いします☆彡

プロフィール絵提供
空良檸檬さん Special Thanks!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。