華やかな川のほとりでの兄妹日記

日々の日記を双子の兄妹が楽しく日記をつけてます。皆様からのバトン、コメント、リンクを大募集しています。皆さんよろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-21 [ Wed ]
今日はアンサンブルコンテスト編

アンサンブルは吹奏楽経験者ならわかると思うけれども、一編成に10人弱しかいなく、旋律も1人1里が責任もって1つのパートをまかなうのでミスはおろか、小さなことまで明るみに出てしまいます。

ということで、こんなお話。
 私の高校はいわゆる小編成の吹奏楽部。なのでアンサンブルチームは4チーム、多くても5チームしか作れない。その4チームの中で、まず、吹奏楽部内で発表を行って、4(5)チームのうち、上位2チームがアンサンブルコンテストに出場できます。残り2チームはご苦労様、これを糧に合奏のほうがんばれといわれたり、いわゆるお手伝い係となるという厳しいものです。
 最初、私が1年生のとき、トロンボーン担当になり5ヶ月でしたが、木管から金管楽器に転向して、吹き方を根本的に直さないといけなくて、それで3ヶ月くらい棒に振ってますから実質2ヶ月で楽譜を暗譜し、パートを責任もって、ミスなくやるということが任務のため、本当に忙しかった。家に帰って最初にやったことが、英語の予習でもなく数学の復習でもなく、楽譜を広げ、ピアノで全体のリズムを確認し、配布されたCDを聞き、翌日の朝早くからそのイメージを持ちつつ音楽室で猛練習という流れが続きました。
 幸か不幸か、私のグループはトロンボーン担当が2人(もちろんパートは違う)いて、私よりはるかにうまい人たちが集まったグループでした。そこで私たちは4グループ中2位でアンサンブルコンテスト出場権を得ました。
 しかし、やはりアンサンブルコンテストに出場するということは、学校を代表して出場するわけですから毎日夜遅くまで学校に残り、講師の先生の厳しい指導を何度も受けました。そして、部からは絶対に金賞という期待が込められています。まあ、指導で一番怒られたのはもちろん私。「やる気あるのか!」からはじまり、最もひどいときには「(トロンボーンの)代役立てろ。」とまでいわれる始末。でも、吹奏楽が好きだし、今やめるとそれこそ大迷惑だし(アンサンブルを編成する人が変わるとなると曲を変えなければならない)、絶対できなかった。金賞が取れなかったら私のせいだなと内心思いながら本番を迎えてしまった。結果は当然・・・。当ったり前だけど、そんな気持ちでステージに立った瞬間いい演奏なんてできませんよね。
 そして今年、昨年とり逃した金賞をとりに行くというよりも、弱気の演奏をしないこと、納得の行く演奏をすることを目標にしました。今だから言えることだけど私はね、「金賞」「銀賞」「銅賞」なんてどうでもよかったんですよ。まあ、金賞でうれしくないといえばうそになるし、金賞が取れるに越したことはない。でも、「私の納得がいく演奏をしたい。」と思いました。
 実は今年、グループ長になりました。そして、メンバーに「たとえ1番じゃなくても、自分のベストの演奏をしよう、それで金賞にならなくてもいいよ。」といったとき、はじめは「?」と顔に書いてありました。まあ、そんな考えを持っている部員は私ぐらいなので。みんなはほかのグループは「何が何でも金賞とるぞ」と意気込んでいるのにそれでいいのか?と思っていたんでしょうね。
 でも、昨年と違って音に伸びがあった。それは賞を取るという重圧から放たれた結果だと思っています。その年はアンサンブルコンテストの出場権を1位で獲得、そして、コンテストの結果は銀賞。でもみんなの顔には涙はありませんでした。
 「のびのびと。賞は気にしない」という考えと「絶対1位」の考えとどっちが正しいかは私にはわからない。でも、私は前者のほうが好きですね。

 次回は吹奏楽コンクールと文化祭のはなしです

                           水音
スポンサーサイト

コメント

吹奏楽はいいね。10月くらいまで活動できて。ハンドボール部は夏のインターで終わりだよ。
と思ったけどもう終わりなのね。今までおつかれさま!!また吹奏楽の話聞かせてね。

マーメイさんへ
 確かに、吹奏楽などの文化部は運動部より長く活動できる学校がほとんどだから私の学校が特別なんでしょうね。
 マーメイさんもハンドボール頑張ってください。コメントありがとうございました。

雨咲さんの学校は、校内予選があるんですね! 大変だ><。

私達も、あまり人数が多くないんですけど、
【木管5重奏・サックス4重奏・金管8重奏・クラリネット6重奏・打楽器5重奏】と全5グループあり、各楽器1チームしか作れないので、全員出れる訳ですw

私も色々厳しいことも言われたし、大変でした。

今年度は私達が引っ張って、アンコンに向けなければなりません。
頑張るぞ~!!

ではでは。また来ます(^^)/

長文、誠に失礼致しました。

誤字、誠にすみません><。

長文どころか、名前を間違えてます…w
本当にゴメンナサイ><。。。

雨咲さんじゃなくて、水音さんですよね。
先ほどそちらにコメントしてきたばっかりで…
ぼけていたようです(苦笑)

本当に失礼しました…。では。また!

絢瑚ちゃんへ
まあ、うっかりは誰にもあることだから気にしてませんよ。
絢瑚ちゃんの学校みたいに必ず出られれば苦労も少ないかもしれないけど、私は学校の吹奏楽部を代表してきてましたから、周囲の期待も半端なものではありませんでした。
合奏にはない素晴らしい物を得ることができました。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beautifulrevers.blog91.fc2.com/tb.php/72-37ef31c8

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

華川兄妹

Author:華川兄妹
絵左
兄・華川蒼流(かがわ・そうる)

社会人1年生・工学部建設学科土木課程卒業・23歳
(予備校在籍経験あり)

〔趣味〕
スキー、魚釣り、音楽鑑賞

[仕事]
東京での4年間の学生生活を経て地元に帰還。
現在はサラリーマン。

[コメント]
社会人二なりました。今年度もよろしくお願いします。ブログ友達歓迎です。

絵右
妹・華川みずき(かがわ・みずき)
理学部卒業、大学院理学専攻修士課程在学中
〔趣味〕
音楽鑑賞、バンド(ピアノ、ギター担当です)、吹奏楽
〔改名歴〕
華川泉水(いずみ)
(2007.04.01~2008.12.31)
華川水音(みおん)
(2009.01.01~2011.03.09)
華川水貴(みずき)
(2011.03.10~2013.02.12)
華川みずき(みずき)
(2013.02.13~)

〔コメント〕
こんにちは。就活や大学院の卒業準備など社会の荒波にもまれています。こんな私は自分の進路を決めることができるのでしょうか。更新したら気軽にコメントを残していったり、バトンを回してくれたら嬉しいです。皆さん、よろしくお願いします☆彡

プロフィール絵提供
空良檸檬さん Special Thanks!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。