華やかな川のほとりでの兄妹日記

日々の日記を双子の兄妹が楽しく日記をつけてます。皆様からのバトン、コメント、リンクを大募集しています。皆さんよろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-06 [ Sat ]
 このたびデビュー20周年を前に、『ZARD Screen Harmony』の開催が決定いたしました。2007年~2009年に行われ全国約6万人を動員した追悼ライブ“What a beautiful memory”。
そこで公開された秘蔵映像を中心にライブの臨場感を伝える収録映像をプラス。この日のために特別編集してお届けするフィルムコンサートです。今なお多くの人々に勇気と安らぎをあたえ続けるZARDの楽曲、坂井泉水の歌声、歌詞の世界観に包まれる空間が臨場感溢れる映像で再現されます。
(ZARD公式ホームページ「WEZARD」より抜粋)

 このニュースは公式サイトで知りました。残念ながら私は受験スケジュールのほうを優先させないといけないのでいけそうにありませんが、このライブが20周年のよい布石になってほしいですね。
 
 もちろん亡くなってからライブが繰り返されていることを快く思ってないファンもいることは知っています。しかし、私はZARDのこういったニュースがいまだに発信されることはうれしく思います。今もipodでZARDの曲をヘビーローテで聞いてますが、聞けば聞くほど勇気をもらえる。前に進む力をもらえる。そして、こうライブが繰り返されたり歌を聴いてると、まだ坂井泉水さんはどこかにいらっしゃるような気がするんですよ。なくなって3年が経とうとしているのですが、不思議なことです。
 最後にZARD Screen Harmonyが成功することを祈ります。

 商店街の文章は格納しました。こうしてみるとZARDの記事がÅ面、商店街の感想がB面のカセットテープみたいですね。(笑)

 2月の地理の期末テストにこんな問題があった。

 「現在、モータリゼーション化やコンビニエンスストアの台頭で廃れてしまっている商店街が増えいている。このような商店街は再生するためにどのようなことをしていくべきかあなたの考えを120字程度で述べよ」

 私が小学校入りたての小学1年生のとき(考えるとそれからもう約12年たったのだ)よく親に商店街に連れて行ってもらった。そこには、本屋があり、洋菓子店があり、楽器店もあり、夕方や夜になると、ストリートパフォーマーが楽しい芸をしてくれていた。子供心に、ここはなんて楽しい場所なんだと思った。
 それから12年が過ぎ、テストが終わった翌日の土曜日、商店街を一人歩いてみた。実にこうしてじっくり歩いたのは12年ぶりだが、私の目には信じられない光景が広がっていた。それはシャッター通りと化した商店街だった。洋菓子店もなくなり,楽器店もなくなり、12年前と変わらず経営しているのは本屋とラーメン屋と食事所が2つのみで、後はシャッターが下りてるか、違う店があった。
 その夜、その商店街の特集が地方ローカルのニュース番組に組まれた。それによるとかつては栄華を誇ったその商店街もやはり郊外の大型ホームセンターや24時間営業で便利なコンビニにきゃくをとられ、(商店街全体の)赤字はここ数年黒字になることがないとのことだ。
 ここは商店街を廃れさせないために地域の声に耳を傾けることが大切だろう。子供からお年寄りまでみんなが満足して過ごせる場でなければ商店街ではない。商店街にどんな店があるとよいかなど、聞いてみてはどうか。また、かつてのように栄華を誇ったときは商店街の経営者個人個人が努力した。結果として黒字になった。しかしその反面、商店街全体の団結を疎かにしたのでないか。足並みが揃わないままさまざまな方向の努力をしても効果は薄い。ここは商店街として団結し、同じ方向に努力をすれば絶大な効果が得られるだろう。
 さまざまな人の思い出が詰まった場所だ。商店街ならではのよさはたくさんある。このまま12年前の光景は幻だということにはまさかなるまい、いや、なってはならない。

                        蒼流
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beautifulrevers.blog91.fc2.com/tb.php/71-460601ac

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

華川兄妹

Author:華川兄妹
絵左
兄・華川蒼流(かがわ・そうる)

社会人1年生・工学部建設学科土木課程卒業・23歳
(予備校在籍経験あり)

〔趣味〕
スキー、魚釣り、音楽鑑賞

[仕事]
東京での4年間の学生生活を経て地元に帰還。
現在はサラリーマン。

[コメント]
社会人二なりました。今年度もよろしくお願いします。ブログ友達歓迎です。

絵右
妹・華川みずき(かがわ・みずき)
理学部卒業、大学院理学専攻修士課程在学中
〔趣味〕
音楽鑑賞、バンド(ピアノ、ギター担当です)、吹奏楽
〔改名歴〕
華川泉水(いずみ)
(2007.04.01~2008.12.31)
華川水音(みおん)
(2009.01.01~2011.03.09)
華川水貴(みずき)
(2011.03.10~2013.02.12)
華川みずき(みずき)
(2013.02.13~)

〔コメント〕
こんにちは。就活や大学院の卒業準備など社会の荒波にもまれています。こんな私は自分の進路を決めることができるのでしょうか。更新したら気軽にコメントを残していったり、バトンを回してくれたら嬉しいです。皆さん、よろしくお願いします☆彡

プロフィール絵提供
空良檸檬さん Special Thanks!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。