華やかな川のほとりでの兄妹日記

日々の日記を双子の兄妹が楽しく日記をつけてます。皆様からのバトン、コメント、リンクを大募集しています。皆さんよろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-03 [ Tue ]
 僕が今通っている高校は30年前に親父が卒業した高校だ。つまり親父にとって僕は息子であり、高校の後輩である。親父が通っていた頃の高校は木造校舎だったらしい。

 ①In those days, students don't have to do weekend assignment. Naturally teaches didn't say ''Please hand me your assignment.''.

 熱心な先生もいなく、進学校ではあったものの、全国に胸を張れる高校ではなかったと聞く。親父はいつも遅刻ぎりぎりに学校について、かったるい授業になると遊び仲間と一緒に校舎外に出てラーメン屋に行ったり近くにあった池で魚釣りをしていて遊んでいたといっていた。しかし現役で大学に合格したから、サボっても取るべき点数はちゃんと取っていたと思われる。
 そして時が経ち、親父が卒業したあと、総理大臣が何人も代わり、校舎が鉄筋コンクリート立てになり、元号も昭和から平成になった。そして昨年、親父と同じ高校に僕が合格した。親父が僕の入学式に来たとき、「俺がいた頃の面影はもうなくなっちまったなぁ」とつぶやいていた。
 今の僕の高校は週末課題や講習会は当たり前。1日で裁ききれない量の課題が出るなんて事もザラだ。そして3カ年計画で大学入試を見据えた勉強をしている超進学校として県下に知れわたっている。当然授業はサボったことは1度も無く、いわば親父とは正反対の学生生活をしている。
 ここで僕が考えたいのは、「independence=自主性」だ。僕は学校から課題が出され、それをやって学力を伸ばそうとしている。先生だって相談に乗ってくれる。そして、選択科目の増加もある。だから今は現役での合格が多いのだろう。しかし親父が高校に通っていた頃は課題は自分で見つけてやれといわれ、先生も相談にあまり乗らず、選択科目だって皆無で全部の教科をやらされた。その結果浪人生が多いということになった。しかし、それらは先生の「自分の責任で全部やれ」という暗黙のメッセージだったに違いない。
 こうしてみると、僕は30年前の遊びほうけていた親父に比べ、まじめな学生生活を送っている反面、自主性は親父と比べるとかなり低いのではないだろうか。

 ②No one lead me when I graduate from high school or college.

 だからこそ自主性が社会に出たときもっとも重視されると思う。学校は勉強のためにだけ来ているのではない。自主性や仲間との協調性を養うためにも着ているのだということを忘れてはならない。


                            華川蒼流

※今回のテーマは非常に考えた末、これを書くことを決意した。この記事については個人個人の考えがぜひ聞きたい記事である。これを読んでどう思ったかぜひ感想を聞かせてくれたら幸いである。
今日の英語
①訳)当時は、生徒達は週末課題をやる必要は無かった。当然先生達は「課題を提出してください」とは言わなかった。

②高校や大学を卒業すると、自分を導く人は誰もいない。

重要単語
「In those days」…当時は、昔は、
「weekend assignment」…週末課題
「naturally」…普通は、(文頭で使うと「当然ながら」という意味)
「hand A B」…BをAに提出する
「no one」…誰も~ない
「graduate from A」…Aを卒業する
スポンサーサイト

コメント

No title

勉強でもスポーツでも仕事でも、目標を持って行動するのなら、それが例え与えられたものであっても、それに打ち込むことは”自主性”がある証拠だと思いますよ。

僕らのブログだって、自主性の表れだし・・・(笑)

No title

リバプールさんへ
なるほど・・・第3者の意見というものは非常に参考になります。考えも深まりますし。

目標を見失わずに「行動する」ことが自主性という考えもすばらしい考え方ですね。非常にナイス。考えてみればブログやるのも自分なんですものね。

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beautifulrevers.blog91.fc2.com/tb.php/43-8f17d646

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

華川兄妹

Author:華川兄妹
絵左
兄・華川蒼流(かがわ・そうる)

社会人1年生・工学部建設学科土木課程卒業・23歳
(予備校在籍経験あり)

〔趣味〕
スキー、魚釣り、音楽鑑賞

[仕事]
東京での4年間の学生生活を経て地元に帰還。
現在はサラリーマン。

[コメント]
社会人二なりました。今年度もよろしくお願いします。ブログ友達歓迎です。

絵右
妹・華川みずき(かがわ・みずき)
理学部卒業、大学院理学専攻修士課程在学中
〔趣味〕
音楽鑑賞、バンド(ピアノ、ギター担当です)、吹奏楽
〔改名歴〕
華川泉水(いずみ)
(2007.04.01~2008.12.31)
華川水音(みおん)
(2009.01.01~2011.03.09)
華川水貴(みずき)
(2011.03.10~2013.02.12)
華川みずき(みずき)
(2013.02.13~)

〔コメント〕
こんにちは。就活や大学院の卒業準備など社会の荒波にもまれています。こんな私は自分の進路を決めることができるのでしょうか。更新したら気軽にコメントを残していったり、バトンを回してくれたら嬉しいです。皆さん、よろしくお願いします☆彡

プロフィール絵提供
空良檸檬さん Special Thanks!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。