華やかな川のほとりでの兄妹日記

日々の日記を双子の兄妹が楽しく日記をつけてます。皆様からのバトン、コメント、リンクを大募集しています。皆さんよろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-30 [ Sat ]
 おそばせながら、NHK合唱コンクールの課題曲を聴いた。クラス合唱のようなものなのかと思ったが、クラス合唱とは全くの別物。高校の合唱部の方は毎日部活でこのようなものを練習していたのかと思うと頭が下がる。
 今回聴いたのは高校課題曲の二曲「明日に続く道」と「もう一度」、それに中学課題曲の「fight」の三曲だ。特に中学の部はシンガーソングライターのYUIさんが手がけた作品だ。

 ぜひyoutubeで聞いていただきたい。
「明日へ続く道」
http://www.youtube.com/watch?v=LaBHmNTTuzM
どこかで聞いたような旋律がぐっと心にしみる。最初の暗い闇が広がる風景から日が昇ることへの感動だろうか、だんだんと明るく、なって行く。「イェーララー」というフレーズはいっぱいの喜びを表しているのだろう。後半、まさに新たな一歩を踏み出さんとする決意が表れる。曲の途中「あの日のことがなかったみたいに」とある。ここでいうあの日のことは東日本大震災のことだろうか(ここら辺は作詞者に聞かないとわからないが)。

「もう一度」
http://www.youtube.com/watch?v=M-MF2Q6fkY0&feature=related
全編アカペラのこの一曲。「明日へ続く道」が悲しみを喜びに変える歌ならば、「もう一度」は鎮魂歌といったところだ。だが、この二つに共通することは「希望を持つ」事だろう。ピアノがなく、声のハーモニーが曲のすべてを構成している。聴けば分かるが、歌詞が「明日へ続く道」と似ている。しかし、ハーモニーが今まで聞いたことのない。だけど美しい。まるでこの世に未練を残した魂を鎮めるかのように。

「fight」(合唱)
http://www.youtube.com/watch?v=Mz4lY-nYxFg
素直な、ストレートの応援歌。サビ部分の「がんばれ」の連呼で聞いているこっちも奮い立つような、気持ちのいい曲。全体の局長としてはさわやかな風が通り抜ける道を走っているかのよう。なお、オリジナル版も下記に記しておく。

「fight」(YUI Version(合唱の元となった曲))
http://www.youtube.com/watch?v=LOIb1iSol34

 聞いた後したことは楽譜を見てみた。大学の合唱部の友達に楽譜を見せてもらった(なぜ大学生が持っているのだろうと思ったが。歌う機会があるのか?)。案の定やはり、難しそうだ。



 7月28日の愛知県大会、8月7日の東京都大会の二つのコンクールは聞きに行こうと思う。自分の技術を上げるためにも、いい演奏を聴くというのは効果的な方法であろう。こういう美しいハーモニーを奏でられればいいと願っているが、つい最近合唱を始めた新参者にとっては酷な話。それを可能にするには今よりももっと多くの技術と知識を身に着けなければいけないと思う。今日の合唱の練習もがんばってこよう。


                          蒼流
スポンサーサイト
2012-06-27 [ Wed ]
 なんでかというと今日は忘れ物が多くていろんな忘れ物をしてしまいました、


 そして、今日の最後に大きな忘れ物をやらかしてしまいました。

 
 うちの鍵を部室に忘れてしまいました!!!!あわわ!!!!






 明日の教科書どうしよう。。。

 今日はもう寝ます。 おやすみなさい




                             みずき
2012-06-25 [ Mon ]
コメントがなかなか来ないなぁ。。。

もっと気軽にコメント残して行ってもいいのになぁ。

あ、でも、昨日アクアさんのコメントが来てたんだ。

実に1か月半ぶりのコメントだ!

繰り返しになるけど、もっとコメント残してくれていいからね。



                                 みずき
2012-06-24 [ Sun ]
 今日の練習後に、所属している合唱団の昨年の定期演奏会のCDをくれました。

 今それを聞きながらブログを書いているのですが、やはり、素晴らしいの一言に尽きる。合唱の曲の音源を聞くことは合唱団関係者か合唱が好きな人でないとなかなかしないことだろう。最近はyoutubeなどの動画共有サイトに上がっている合唱曲を聞く機会があるかもしれない。

 その際にお勧めしたいのがイヤフォンの使用である。イヤフォンで聞くことでよりハーモニーを感じることができる。(動画共有サイトで合唱曲を聞くときはぜひイヤフォンで聞いてみてほしい)

 すこし話ががそれた。もう30分以上一つの曲を聴いている。しかし飽きることがない。繰り返し聞けば聞くほど味があるハーモニーを感じることができる。何とも心地よい。

 8か月後にはこのハーモニーを聞く側ではなく、奏でる側になる。昨年のようなすばらしい演奏ができるだろうか。その答えは日々の練習に隠れている。多くの知識と技術を身に着け、演奏会の舞台に立つことで、最高の音楽を提供したい。



                               華川(蒼) 
2012-06-22 [ Fri ]
 交流戦も終わり、今日からリーグ戦が再開しました。

 で、交流戦をちょっと振り返ってみようと。。。

 1位は史上初セリーグチーム巨人。交流戦はパリーグのほうが強く、優勝チームもパリーグチームでした。でも今年は巨人が投打に他チームを圧倒。見事な優勝を遂げました。おめでとうございます。(詳しく巨人の交流戦優勝の軌跡を知りたい方は相互リンクをさせてもらってるkatsuzoさんのブログを見るとなお良しです!)

 2位は日本ハム。球界の大エースダルビッシュがメジャーリーグへ移籍、ドラフト1位指名の菅野の指名拒否ねどで大幅な投手力低下が懸念された。しかし、新監督の栗山監督の元、開幕からパリーグをけん引しています。ここまでパリーグ2位という結果は上出来でしょう。

 3位はロッテ。交流戦を非常に得意とするロッテは巨人との天王山で負けてしまったことで、巨人に交流戦優勝に向けてのラストスパートを許してしまいました。でも、交流戦中にリーグ首位に立ち、昨年最下位に沈んだの面影はもうありません。

 4位は地元の中日。浅尾投手が不振と怪我で二軍落ち。一時はどうなるかと思いましたが、さすがセリーグの誇る投手王国。浅尾不在もなんのその。有り余る投手力で落ち着いた試合運び振りは正に昨季セリーグ制覇チーム。リーグ戦再開に向け、昨季最多勝の吉見党首が戦列復帰したことが大きなプラス材料。そのほか戦列を離れている選手たちが早々に復帰すれば追いすがる巨人を振り切ることが十分に可能でしょう。

 5位は我らが埼玉西武ライオンズ。一番うれしかったのはおかわり君こと中村選手が調子を取り戻したことが大きいでしょう。他にも投手、野手ともに奮起した選手が多く、見ていて西部の試合は面白い試合が多かったなぁと感じました。勝った日はないように伴っていない勝ち方ではなかったし、負けても次回につながる負け方でした。
 でも、現在はパリーグ5位。目標の優勝への道は厳し目です。さらにおかわり中村選手がけがで登録抹消。手法を失い、再開と同時に失速しかねないです。とりあえず、久々に一軍復帰する涌井投手に注目したいですね。もちろん逆転優勝をあきらめている選手もファンもいないでしょう。だからこそ昨年起こしたあの奇跡を今年も起こしてもらいたいです。

 他にも蒼流の好きな球団の阪神は今年も中位をさまよい、昨年、圧倒的な強さを誇ったソフトバンクは主力流出がたたってか11位、新球団のDeNAが10位と健闘するなど、今年も交流戦は盛り上がりを見せました。個人的にも多くの試合を生で見れてよかったです。

 今度はオールスターを生で見たいなぁ。




                                    みずき
2012-06-20 [ Wed ]
みずきです。久々にバトンします。

どっちが好き?二者択一のバトンです。


どっちが好き?バトン

Q1 お茶or水
A1 お茶
Q2 うどんorそば
A2 わんこそば
Q3 紅茶orコーヒー
A3 ブラックでのコーヒー。最近紅茶も飲むよ
Q4 ご飯orパン
A4 ご飯
Q5 犬or猫
A5 犬飼いたいなー
Q6 赤or青
A6 蒼。青じゃなくて蒼。
Q7 白or黒
A7 白衣の白がいい
Q8 バスor電車
A8 いつも地下鉄利用なんで電車に一票
Q9 飴orチョコ
A9 チョコケーキ大好きだからチョコ!
Q10 中華料理orフランス料理
A10 フランス料理は憧れです!
Q11 電話orメール
A11 メール打つのが遅いから電話のほうがいい
Q12 バラエティorドラマ
A12 テレビ事態あんま見ないからなぁ・・・
Q13 関東or関西
A13 中京!あえての真ん中で(笑)
Q14 ロングorショート
A14 今はロング。バッサリ切ろうかな、、、、
Q15 へちまorひょうたん
A15 小学校の理科で育てるへちまってこと?
Q16 ギターorドラム
A16 断然ギター。でもドラムもかっこいいよね
Q17 窓orドア
A17 窓かな?ステンドグラスがあるとなおよし!
Q18 お弁当or給食
A18 お弁当のほうがいいかな。中学まで給食だったけど、
Q19 梅干orレモン
A19 うめぼし
Q20 カレーライスorハヤシライス
A20 カレー
Q21 フランスパンorあんぱん
A21 アンパン
Q22 山or海
A22 海。どっちも捨てがたいけどね
Q23 洋画or邦画
A23 絵画自体見ないので。。。やっぱ邦画かなぁ。葛飾北斎展の絵がきれいだったし。。
Q24 洋楽or邦楽
A24 邦楽大好き。
Q25 右or左
A25 右!岸投手が右投げなので
Q26 将棋or囲碁
A26 以後も将棋もやったことない・・・
Q27 野球orサッカー
A27 野球!ライオンズ!岸さん!
Q28 バスケorバレー
A28 バレー。
Q29 柔道or剣道
A29 剣道かな。でも面とかツキとかかなり痛いよね
Q30 長距離走or短距離走
A30 短距離のほうがいいなぁ
Q31 疲れたor疲れてない
A31 そうでも。
Q32 ありがとうございました!
A32 どういたしまして

このバトンに回答する / 回答した人を見る

2012-06-17 [ Sun ]
 今日は学校で行われた就職活動ガイダンスに出席してきました。実際に人事担当の方と学校法人大原学園から公務員担当の方をお招きして、就職活動(おもに公務員の就職活動)を進めていくうえで大切なことや注意しておきたいことなどを聞いてきました。
 私の周りは二年生や三年生ばかりで1年生はあまりいなかったと思います。でも、みんな意識高く講義を聞いていました。私の大学は就職率が非常にいい大学で、普段からのこういう態度が就職活動の結果に表れるのかなと思いました。

 講義の内容としては、
 1公務員はどのような仕事をするのか
 2公務員になるまでの道のり
 3公務員試験の対策

 以上3つを重点的にお話しされました。
 1について
「県や市のために働く(利益や業績のためではない)」とお話しされてました。私の将来描くビジョンは「故郷のために仕事をしていきたい」と考えています。なので、県や市のために働くというのは私の理にかなっています。

2について
公務員は公務員試験という筆記試験を受けた後に面接を受けます。つまり、面接でどんなに自分が素晴らしいかを伝える前に、試験に失敗するとその時点で終了です。試験の対策を十分にすることが大切で代替二年の冬から3年の春が対策開始時期だそうです。あまり早くから対策を始めると学校の単位を落として共倒れになる可能性があるそうです。

3について
 これが個人的に1番印象に残った話です。公務員試験は一般常識と専門知識を聞く試験だそうです。専門の勉強はまだ始まってません。しかし、一般常識は大学の教養科目程度のことはできてほしい。と話がありました。さらに続けて「もし1年生がいましたら、今大学の授業の勉強を完ぺきにしてください。それが今できる最高の試験対策です。」との言葉が本当に印象的でした。
 一般常識の上に専門的な知識を積み重ねていかなければいけない。だから、今は1年生だからというのではなくて、今から頑張らないとダメなんだと改めて思いました。

 とても内容の濃い2時間でした。もう大学受験の時の失敗は二度としたくない。今は静かに準備をしてその時を待とう。それが今できる最高の準備だから。



                                    華川(蒼)
2012-06-14 [ Thu ]
みずきです。

長いこと書いてませんでした。蒼流は結構書いてるのにね。

これからはちゃんと書きます(これも何回目だろう?(笑))

今日は音楽の話をしたいと思います。

音楽といっても吹奏楽じゃなくてバンドの話です。

これってこのブログではあまり話していないですよね?

アクアさんの掲示板(今はもうないです)ではよく話していたことなんですが。

はい、そうなんです。わたしはギターも弾けます。

中学、高校時代はバンドも組んでました。

大学入学後はギターも実家においてきて吹奏楽に絞ろうと思ったんですが、

先日帰省した時にギターを弾いたんです。

そしたら懐かしくて、いろんな感情があふれてきました。

そして名古屋にギターを持って行って学校がない日は家で弾いてました。

そしてそして、学校の友達(同じ学部)から、バンドのオファーがありました。

今までは断ってきたんだけど、今回はちょっとやってみようと思い、

二つ返事で引き受けました。

とりあえず、弾かなくなって二年余り。

技術とか相当落ちてると思う。

特に私はきちんとしたミュージックスクールに行ってなく、独学だったからなおさら・・・。

今度はどんな曲をやるのかな?楽しみ♪

ではではぁー


                             みずき
2012-06-11 [ Mon ]
 前回に引き続き、レストランsoffioについての記事です。今日は実際訪れての印象をまとめます。


 一見すると建物も閉店した後そのまま残っていて、まだ経営をしているのではないかと思わせるが、実はそうではない。よく見ると植物が通路にはみ出して、歩きづらくしている(写真1参照)。この建物は今はだれも所有していない(写真2参照)。しかし比較的最近できた建物だからか、思ったほど荒れていない印象を受ける。
 取り壊されていないのはうれしくはある。こうしてふっと訪れたいときに訪れることができるからだ。だが、ここで食事ができない寂しさもある、といった感想だ。
 少しだけ歩きづらくなった通路を歩き、入り口の扉の前に来るとここに「soffio」があったのだという確固たる証拠があった(写真4)。当然、白いカーテンが降りており、中を見ることができなかった。しかし入り口の扉には今でも「soffio」の六文字があった。そのことが分かった今、淡い期待を持ってしまう。
 それは、soffio復活。それは現実から大きくかけ離れていることかもしれない。だが、この建物があるのも、入り口の扉の文字を消さないのも、いつかはまた出店するためではないか。そう思えてならない。
 soffio復活か別のテナントが入るか今の時点ではわからない。でも、この建物がこのまま取り壊されるのは少しもったいない。何かしらの形で残していかなければならないと思う。







通路の写真
写真1 閉店から約二年が経つsoffio。一見、閉店後も外観は変わったようには見えない(前回の記事の写真参照)が、手入れをしていない植物が通路に伸びていた。

かんばん
写真2 店の名前のネームプレートがあった場所。今は空白。すなわち、誰のものでもない。

soffio正面別角度
写真3 別の角度から一枚。右上の窓から少しだけレストラン内部が見える。


入口にあるもの
写真4 入り口の扉にはZARD坂井泉水さん直筆のsoffioの白い文字。いつかまた再スタートを切れる日は来るのだろうか。




以上でsoffioレポートは終了です。
読んでくれた人、ありがとうございました。

                                 S・KAGAWA
2012-06-08 [ Fri ]
 今日は三時間目と四時間目の授業が休講となり、時間がかなり空いていました。そこでかねてから訪ねてみたかったレストランへ行ってきました。以下、訪ねててきた場所の写真とsoffioに対する想いをまとめました。


soffio正面
神奈川県横浜市青葉区大場町385-35
Ristorante Soffio
外観は白い壁とガラス張りの壁、周りの木々の緑がさわやかな雰囲気を演出する

 横浜市のあざみ野駅から歩くこと約30分。騒がしいあざみ野駅周辺とは打って変わって閑静な住宅街に一つのレストランが佇んでいる。レストランといっても、もう営業はやってない。2010年の5月末日をもって閉店している。オープン当時は私たちはちょうど高校生で県外に行ける時間も金もなかったが、いつかは行ってみたいと思っていた(実際に高校二年生の冬に横浜旅行計画があったが寸前で勉強に専念するべきという親の意見で立ち消えになった)。しかし私たちの受験が終わる前にレストランが閉店を発表し、結局行くことができなかった。

 ではなぜ、今になって足を運んだのか。それにはいくつかの理由がある。
 そもそも、このレストランはZARD坂井泉水さんの弟さんが経営していたということでZARDと関係があるレストランなのである。これが今訪れた理由の中で1番大きいだろう。ここに出されていた料理の一部は坂井泉水さんがレシピを考えた料理もあったという。しかし、オープン当初はZARDの店というのはあまり宣伝をしていなかったように思える。事実、人から指摘を受けるまで私はこのレストランとZARDの関係をあまり知らなかったのだ。ZARDの公式サイトにはsoffioの宣伝があったが、どうして宣伝してるんだろうと疑問を持ったほどだ。
 しかし、ZARDファンの方がレストランで食事をした感想をまとめたブログ等を見ると、レストランとZARDの関係がわかってきた。そして美しく、爽やかなレストランで食事をしてみたいと思った。

 ただ、上記のとおり、二年前に閉店してしまった。無理してでも高校2年の冬に行っておくべきだったと思ったが、レストランのオープンが2008年8月であったこと、ZARD関連の店であったことなどを考慮すると閉店という結論にはなかなか至らないだろうという認識もあった。
 このようにあまりにも早すぎる閉店の背景には何かしらの問題があったのだろう。
 私の印象をあげると、アクセスが不便な感じがあった。実際に最寄駅から歩いたが、最寄駅のあざみ野から30分弱はかかったと思う。タクシーは通らない、バスも少ない印象も受ける。マイカーを持ったらまた印象は変わるかもしれないが、いかんせん遠かった。しかし、レストランの出店をこの地に決めたのも理由があるという。繁華街だとアクセスに便利である。しかし、落ち着いた雰囲気で食事を提供したいという思いから閑静な住宅街を選んだらしい。そういう意味では地域密着のレストランを展開しようとしたが思いのほか難航し、閉店せざるを得なかったのだろうか。



 閉店の真相は私にはわかりませんが、どの話にせよ、非常に残念な話でありました。だれかここに行ったことのある人はコメント欄に料理を味わった感想とか書いていただけると嬉しいです。次回の後編では実際にsoffioの今を写真に収めてきたので今、このレストランはどうなっているのか、写真を多く載せてレポートを書いていきたいと思います。
 前半はとりあえず終了。



                                   S・KAGAWA

 | HOME |  »

2012-06

プロフィール

華川兄妹

Author:華川兄妹
絵左
兄・華川蒼流(かがわ・そうる)

社会人1年生・工学部建設学科土木課程卒業・23歳
(予備校在籍経験あり)

〔趣味〕
スキー、魚釣り、音楽鑑賞

[仕事]
東京での4年間の学生生活を経て地元に帰還。
現在はサラリーマン。

[コメント]
社会人二なりました。今年度もよろしくお願いします。ブログ友達歓迎です。

絵右
妹・華川みずき(かがわ・みずき)
理学部卒業、大学院理学専攻修士課程在学中
〔趣味〕
音楽鑑賞、バンド(ピアノ、ギター担当です)、吹奏楽
〔改名歴〕
華川泉水(いずみ)
(2007.04.01~2008.12.31)
華川水音(みおん)
(2009.01.01~2011.03.09)
華川水貴(みずき)
(2011.03.10~2013.02.12)
華川みずき(みずき)
(2013.02.13~)

〔コメント〕
こんにちは。就活や大学院の卒業準備など社会の荒波にもまれています。こんな私は自分の進路を決めることができるのでしょうか。更新したら気軽にコメントを残していったり、バトンを回してくれたら嬉しいです。皆さん、よろしくお願いします☆彡

プロフィール絵提供
空良檸檬さん Special Thanks!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。