華やかな川のほとりでの兄妹日記

日々の日記を双子の兄妹が楽しく日記をつけてます。皆様からのバトン、コメント、リンクを大募集しています。皆さんよろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-30 [ Wed ]
 この記事が2009年最後の記事となります。
 2009年もいろいろとありました。そのいろいろの中にこのブログの立ち上げがありました。当初はコメントも少ないだろうなあ、でも気楽に2人でブログを書くかーなんて思ってはじめました。そこで、今年の会心のできの記事を2つ3つ取り上げたいと思います。

 蒼流編
 ①09/07/27 Mion took me to a park to play catch ball. 
 夏に甲子園の県予選を見に行って、かつてのリトルリーグの仲間が、甲子園を夢見てプレーしていることに驚いた気持ちをつづった記事。ちなみにこの選手は今、2年生でファーストのレギュラーを勝ち取り、日々トレーニングに励んでいる。水音も僕も野球は得意。

 ②09/09/06 A Story of Sherlock Holmes and...
 夏の政権交代の話をシャーロックホームズの踊る人形と自民党を対比して書いた文章。しかし今の民主党も民主党で、自民党と同じ轍を踏もうとしている。この国の政治の代表は国民が決める。安易な考えで投票してはならないし、選挙に行かないのは投票権を与えられない人、たとえば、20歳未満の人などに対し、失礼ではないか。

 ③09/10/07 Fanction of Words
僕が1番へこんだ時期です。このころはもういやな思い出しかないですね。今は少し改善してきましたが。はい。でも、水音の優しさは今でも心に残ってますね。

 ④09/11/03 The independence which students have
 この生地は今の高校生に言いたいことをそのままの気持ちでぶつけましたね。自主性が30年前の親の時代と現代とでどう変わってきたか、また、今の自主性とは何かを求めた文章。模試、学校生活が苦痛だと感じている人にぜひ読んでほしい文章です。

 最後に、来年も今の感じで進めて生きます。よいお年を!

 水音編
 ①12月4日 べビちゃんの新生活の記事
 あむりたさんのネットショップの宣伝記事。このネットショップを利用したいという人が増えますようにと書きました。私もカイはしないのですが、たまに見に行ったりします。大学生になってアルバイトを始めたら、なんか買おうかなぁ。
 
 ②9月27日 文化祭の記事
 吹奏楽部としてがんばりました。特に「負けないで」を水槽y額でできるとは思っても見なかったので印象に残りました。トロンボーンがますます好きになりました。実は3月に定期演奏会というコンサートがあって、そこで高校の吹奏楽生活に別れを告げなければなりません。それまで全力で吹奏楽にむきあいたいです。

 みなさんへ
 このブログに来てくれた皆さん、コメントを残してくれた皆さん、ありがとうございました。2009年ももう終わりですが、2010年が民さんにとってよい年となりますように。それでは2010年の最初の更新でお会いしましょう。今年1年ありがとうございました。


スポンサーサイト
2009-12-28 [ Mon ]
 僕の学校はとにかくテストが多い。定期テスト、模試・・・11月の常人に受けた模試の結果が返ってきました。(まあ帰ってきたのは12月上旬なのですが、これを公開してもいいのかなあというのでここまで引っ張ってきました。)こういうのは個人情報なのであまり公開するのもよくないかと思いますが、まあ、気にせずに

 国語、数学、英語に加え、今回のテストから理系は理科2科目と社会、文系は社会2科目と理科がプラスされて、センター入試に近い状況で受験をしました。その結果なんですが

 英語>数学>物理>国語>社会(地理)>化学の順でした。(本当に理系?)

 まず、英語が得意じゃなかったら今頃僕は文系にいってます。絶対落とせない教科なので、まずますの点数。
 数学はまさかこんなにできているとは思わなかった。といっても、僕の苦手分野の「ベクトル」「数列」画筆頭問題になっていればもっと点数は低く出たのだと思う。名のでこの冬休みは主にベクトルと数列の演習に力を入れてます。次は数列かベクトルをといてもこのような点数を取れればいいなあ。
 物理は、物理学科志望の人間が物理ができないんじゃ話になりませんよね。これもどちらかというと落とせない。
 国語、大型の記述問題で踏み外したのが痛かったですね。もっとしっかり文章を味わうことが大切。
 地理はこれから追い込みが聞くし、まだあせる必要はないか。
 化学、本当に助けてほしい点数だ。化学がなかったら全体偏差値がもっと高かったのに。これから有機化学の勉強が終わったら、理系は強制的に化学Ⅱを勉強させられます。誰か化学限定で家庭教師に来てくれないかなぁ。わらにもすがるほどです。

 とまあ点数とか偏差値とか出さないで振り返ってみました。
 
 結論、勉強しよう。これに尽きる


                       蒼流
2009-12-19 [ Sat ]
 クリスマスが近づいてきます。今年はどんなクリスマスになるんだろう・・・。私としてはどうせ恋人もいませんし、高校の友達とクリスマスパーティーを考えてます。もちろん私の家で。
 中学時代の仲間や高校の仲間をうちに呼んで盛大なパーティーをしたい!!!できれば12月23日に!!(みんな12月24日は埋まってるし、24日の予定がないのは私くらい・・・(笑))

 私は何しようかなぁ――とりあえず1週間で簡単に演奏できそうな曲を探してギターで弾き語ろうか、クラシックの曲をピアノで挑戦しようか・・・うーん、これがうれしい悩み事になっている。ラッキー。


 なんといってもケーキを作る・・・ことはできないので、なんかいいケーキを知ってる人はぜひ紹介してほしいですね。私は、チョコレートケーキ、フルーツケーキ、ショートケーキ、モンブラン、チーズケーキ・・・・なんでもお任せ!みんな大好き。でもしいて1番を決めろといわれたらチョコレートケーキかなぁ。ちなみに蒼流はショートケーキが好きですね。と、まあクリスマスパーティーのお話はこれくらいにして、別の話題へ。 

 ところで皆さんはいつごろまでサンタクロースを信じていましたか?私は小学校4年生くらいまででしょうか・・・「本当にサンタさんはいるんだよ!」と親友と熱く語り合っちゃったりしました。
 そして、今思うとすごく恥ずかしいんですが、靴下の上に「サンタさん、サインかいてください」と書いたノートをおいてサンタクロースのサインをおねだりしたりしましたね。(笑)当然、朝起きてもノートは白紙のままでした(笑)

 クリスマスって一番苦労するのはお父さん、お母さんじゃないかと思います。理由は、罪の意識にさいなまれながらも子供に少しでも長く夢を見させてあげたいと思ってるんじゃないかな。そう思うと、昔「サンタさんの正体は実はお父さんだよ」といわないで夢を見させてくれた両親に感謝しなければなんだなあと思っている今日この頃です。

                             水音
2009-12-17 [ Thu ]
 実は昨日高校入試のことで弟と喧嘩した蒼流です。

 弟の第一志望は僕と同じ高校です。僕は理数科に所属してますが、弟はその理数科に入りたいという。大変うれしいことだ。
 しかし最近の勉強の様子を見ていてもそうしてもこの高校に入りたいんだという気迫を感じられない。見るに見かねて僕は怒鳴ってしまいました。
「お前の一生が高校入試にかかってるんだ。どうして真剣に結果と向き合わないのだ!入試を分析しないのだ!」とね。

 すると弟は「うるさい、お前には関係ないことだ」といいました。
 僕は2年前のあの緊張を今でも簡単に思い出せる。僕も水音も必死になってがんばった。この受験、失敗したら跡には引けない。違う高校を目指しているけど、絶対入ると意気込んで毎日努力をした。合格が認められてうれしかったものです。
 うちの弟はその姿を見て、「高校って簡単に合格するものなのか」と受験を甘く見たのでしょうか。志望ばかり高く、努力をしようとしないのだ。
 
 しかし弟だ。縁を切るわけにはいかない。水尾とも僕も、高校入試の分析に熱が入っている。少しでも多くの情報を弟に提供し、合格をサポートするほか方法はない。弟の私立高校の併願受験まで1ヶ月をきった。後ろを向いてる暇はない。
                                蒼流
2009-12-11 [ Fri ]
 タイトルの和訳は「青天の霹靂(へきれき)」「寝耳に水」どちらの意味でとっても差し支えはない。さて、ここ数日で僕が1番びっくりしましたニュースは、

阪神タイガース外野手赤星憲広選手突然の引退

です。この記事は引退会見の日のうちにアップさせようと思ったんですが、あまりにも自分の気持ちが前に出てしまい、結構乱雑な文章になってしまいました。それだから、気持ちを落ち着かせて、今日、改めて書きます。だいぶ落ち着いたので。

 赤星選手はタイガースファンじゃなくても知ってる選手であろう。もしかすると野球をあまり知らない人も知ってるかもしれない。それほど人気がある選手だ。まだ33歳。来年は怪我から完全復活し、平野選手とともに1,2番コンビでチームを引っ張ってくれるだろうと思っていた。それなのに、なぜ――
 赤星選手の持ち味はなんと言っても全力プレーだ。打撃、走塁に盗塁、守備…特に盗塁は盗塁王5回の記録保持者だ。また、ダイビングキャッチなど怪我を省みないプレーもまた、彼の魅力の1つだろう。
 しかし、2009年の9月12日、そのダイビングキャッチで選手生命が危うくなっているとは誰が予想したことか。検査の結果「中心性脊髄損傷」と診断され「無理をすると生命にも危険が及ぶ」のだそうだ。そして、その矢先に引退発表である。
 僕は、まず、9年間の現役生活ご苦労様といいたい。そして、どんな立場でもいい。再び阪神に携わってほしいし、願わくば戻ってきてほしい。そして、球団にも彼の現役生活の集大成といえる最高の引退セレモニーを催してほしい。
 やはり気持ちが選考していい文章が書けなくなってきたんでそろそろ終わりにしたい。最後に赤星選手、お疲れ様でした。


                          蒼流
2009-12-07 [ Mon ]
蒼流より
このブログを開始以来続けてきた英作文をちょっと休ませていただきます。いずれ復活させるつもりですが、みんなによりわかりやすくするためなくしてみます。すんません。それと更新頻度を月8回から変更するかもしれません。これについてはまだ検討中です。

それと、katsuzoさんのページのリンクをいままではブログにリンク設定をしていましたが変更しました。変更後はトップページに飛びます。したがって、リンク先のホームページの名前も変更しました。

今年も、もう12月を残すのみとなりました。今年1年よろしくお願いします。そして来年もよろしくお願いします。
2009-12-04 [ Fri ]
http://shinseikatsu.uijin.com/

 今の時代はインターネットを介してさまざまな商品が売買できるようになりましたね。あむりたさんはこちらのネットショップでベビー用品を扱ってます。そのベビー用品もさまざまで、ウエアや寝具やいす、また一風変わったおもちゃも販売してます。いくつか私が気になったものを紹介します。
天然パイン材 ステップアップチェア テーブル&ガード付 (ブラウン) ベビーチェアなんかどうでしょう。環境にやさしい素材を利用し、赤ちゃんのための危険防止策もいくつかあります。この高級感あふれる茶色いボディーがまた趣があっていいですね。
 次にロボクリーナー SZ-300は私は今からでもほしいです。掃除が基本的に苦手な私たちたち兄妹。(笑)その強い見方になってくれそうな子の全自動クリーナー。充電がきれそうになったら自分で充電しに行くという賢いマシーンなのだそうです。私の部屋とか掃除してくれないかなぁ。というのは私の考え。これの本当の使い用途は出産後体力が戻らないお母さんのためのものなんですね。確かにこれなら手間かからずに掃除が可能ですよね。
 ほかにもさまざまなベビー用品を取り揃えています。興味がある人はぜひリンクのところにありますのでぜひ足を運んでください。きっと満足する商品がたくさんだと思いますよ。


                      以上みおんでした。
2009-12-04 [ Fri ]
 先日の11月1日の水音のブログの記事に「小学生が数学や理科が好きという子供が減っている」と書いてあった。目の付け所が非常にナイスだ。今日は理数系科目を嫌う子供について考えてみた。
 ある研究者たちが日本全国の小学生たちにアンケートを実施した結果「嫌いな教科は何か」という質問で1位が算数(数学)で3位が理科だったという結果を発表した。主な理由は計算が面倒、単に算数が苦手、本を読む国語のほうがいい、などさまざまだ。数学や理科は僕に言わせれば、難しい科目だが面白い科目と思う。僕は化学が苦手というのは前に言ったが、嫌いと思ったことは無い。
 それでは、なぜ小学生や中学生の理数離れといった現象が顕著なのだろうか。確かに学校で習う理科や数学は難しい。難しい語句や公式がたくさん出てくる。これは認めざるを得ない。そして机上で鉛筆を動かし問題を繰り返し演習するといったイメージが理科や数学では特に強い。
 しかし、僕は机上で教科書やノートや問題集を広げ、鉛筆を動かし、問題を解くだけが理科の勉強ではないと思う。周りを見渡すと世の中の不思議がたくさんある。たとえば、「なぜ夕日は赤いの?」とか「紙飛行機を遠くに飛ばす方法は?」とか、「どうして消しゴムは鉛筆で書いた文字が消せるの?」など、さまざまだ。
 こういった疑問を見つけ、学校の教育内容にとらわれずに独自で調べる。実際に実験を繰り返して、自分で、「そうだったのか」と思うのも立派な理数科目の勉強ではないだろうか。その方法こそが理数科目の根幹であり、楽しいし、理数離れを食い止める近道であると確信をしている。

あ、また英語入れるのを忘れた。次は絶対何が何でも入れます(笑)ちなみに今日のタイトルの日本語訳は「子供たちは数学と理科を嫌う傾向がある」です

                               蒼流

 | HOME | 

2009-12

プロフィール

華川兄妹

Author:華川兄妹
絵左
兄・華川蒼流(かがわ・そうる)

社会人1年生・工学部建設学科土木課程卒業・23歳
(予備校在籍経験あり)

〔趣味〕
スキー、魚釣り、音楽鑑賞

[仕事]
東京での4年間の学生生活を経て地元に帰還。
現在はサラリーマン。

[コメント]
社会人二なりました。今年度もよろしくお願いします。ブログ友達歓迎です。

絵右
妹・華川みずき(かがわ・みずき)
理学部卒業、大学院理学専攻修士課程在学中
〔趣味〕
音楽鑑賞、バンド(ピアノ、ギター担当です)、吹奏楽
〔改名歴〕
華川泉水(いずみ)
(2007.04.01~2008.12.31)
華川水音(みおん)
(2009.01.01~2011.03.09)
華川水貴(みずき)
(2011.03.10~2013.02.12)
華川みずき(みずき)
(2013.02.13~)

〔コメント〕
こんにちは。就活や大学院の卒業準備など社会の荒波にもまれています。こんな私は自分の進路を決めることができるのでしょうか。更新したら気軽にコメントを残していったり、バトンを回してくれたら嬉しいです。皆さん、よろしくお願いします☆彡

プロフィール絵提供
空良檸檬さん Special Thanks!!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。